前へ
次へ

接骨院の利用で気になる健康保険について

接骨院で治療を受けたいときにできるだけ治療費の負担を減らしたい所です。
接骨院で治療を受ける場合は、健康保険が適用されるケースが多いですが、全ての治療で適用される訳ではありません。
接骨院での治療で健康保険が適用されるケースとしては、急性の捻挫や打撲などの怪我や骨折や脱臼などの治療が該当してきます。
骨折や脱臼などの怪我を治療する場合は整形外科で医師から診察を受けて、接骨院での治療の同意を受けておくのが大切です。
骨折の場合は整形外科でレントゲン撮影などをしてからでないと、骨の状態がどのようになっているのかを判断することができないので、少し大変ですが医師の診断を事前に受けておく必要があります。
健康保険が適用されないケースとしては、慢性的な肩こりや腰痛などの治療や、すでに病院で同じ部位の治療で健康保険を使用している場合は、接骨院での治療には適用されない可能性が高いです。
接骨院の先生に話を聞けば、健康保険が適用されるのかどうかを教えてくれますから、説明をよく聞いておくのが重要になります。

Page Top